Exterior Sowell

エクステリア

玄関アプローチ

Approach

玄関アプローチとは!


住宅において、アプローチとは門から玄関までの道のりのことを指します。
門扉のデザイン、植栽の配置、小道の角度、階段などいろいろな要素を組み合わせることで、オリジナルのスペースを作ることができます。アプローチは住まいの第一印象を変える重要なものでもあります。また、外から見える場所であるという点から、作り方次第で防犯性も大きく変わってきます。

玄関アプローチに使用することの多い素材

敷石


敷石として使われることの多い石は、御影石や石英岩などです。
特に御影石は、和風の建築にもよく合う上品な質感を持っています。
敷石には四角く切り込んだ物の他に、素材の形を生かした乱形の物もあります。
乱形の敷石は等間隔に並べることが難しいため、透き間に小花や小石、芝などを敷き詰めることで、見た目の印象が優しくなるだけでなく、雑草が生えるのを防ぐ効果も発揮します。

レンガ


レンガには茶系の物が多く、温かみのある質感が魅力です。
形や大きさが均一なため、積み上げたり敷き詰めたりするのに非常に適しています。
また、並べ方をアレンジすることで、個性を出すことも可能です。
コストを抑えたい場合は、本物のレンガではなく、レンガ風に加工された素材を選択するという方法もあります。洋風のデザインにしたいときに活躍する素材です。

枕木


線路に使用されている枕木は、エクステリアの素材としても人気です。
敷石と組み合わせて通路に埋め込んだり、縦に並べて簡単な目隠し代わりに使ったりと、工夫次第でいろいろな使い方ができます。
本物の枕木は重さがあり、少しずつ劣化することがネックとなりますが、最近ではそれらの欠点をカバーした、軽量コンクリート製の擬似枕木があります。和風、洋風どちらのアプローチにも枕木は効果的です。

タイル


タイルは土を原料としており、グレーやベージュなど、汎用性の高いカラーが主流となっています。
正方形や長方形の物が多く利用しやすいのが特徴ですが、雨に塗れると滑りやすい物もあるため、選び方には注意が必要です。

コンクリート・インターロッキング


コンクリートで固める施工方法は、他の工法に比べると手間がかからず、工事費も安く済みます。
ただし、素材などによっては滑りやすくなる場合があるので注意しましょう。
一方、インターロッキングもコンクリートの一種ですが、デザイン性に優れており、滑りにくく透水性があるという良さも併せ持っています。

人工芝


人工芝の多くはロール状や正方形などの形状をしており、貧配合のモルタルで下地を作り、その上に敷き詰めることで簡単に芝生を植えたような状態に仕上がるのが特徴です。
好きな形にカットできるため、狭い場所、細い場所にも使えます。
また、天然の芝生のように伸びることがないため、メンテナンスの手間がかからないという良さがあります。

砂利


玄関アプローチに適した砂利は、形がきれいで石の種類も選べる「化粧砂利」と呼ばれるタイプの物です。
砂利は敷き詰めると雑草が生えにくくなるという利点や、砂利の上を歩くと音がする為防犯対策にもおすすめの素材です。
雑草の対策を徹底したい場合は、砂利の下に防草シートを敷いてさらに効果を高めておくと良いですね。

洗い出し


洗い出しとは、コンクリートや樹脂が固まりきる前に表面を水で洗い流し、わざと砂利を露出させてざらついた仕上がりに見せる日本伝統の左官技術です。そのため、きれいに仕上げるためには職人の経験を必要とします。
利点としては滑り止めの効果があります。

植栽・花壇


玄関アプローチをより自然に、温かく見せるために欠かせないものが植物です。
石やコンクリートなどが持つ無機質な感じを緩和させ、配置の仕方によって目隠しや日よけなどの役割も果たし、玄関を引き立ててくれます。通路の脇に植栽を植えることで、通る人に癒しや安らぎを与えてくれるはずです。