ドイツ生まれの外付けブラインドシステム

ヴァレーマのことならキムラ工業株式会社

018-838-0556

9:00~17:00 (日曜定休日を除く)

info@kimura-kougyou.net

Arrow
Arrow
石川県金沢市 はなの木薬局
ArrowArrow
夏の強い日射しを遮り涼しい空間をつくり、冬は
積極的に日射しを取り込み部屋を暖める外付け
ブラインド。日本古来の「よしず」「すだれ」にも
共通する、太陽光を外で遮る合理的な日除
けのしくみです。
私たちにとって最も身近でクリーンなエネルギー
太陽光と上手く付き合うことで四季を通じて
快適なエコライフを手に入れませんか。

積極的な日射しのコントロールで、
夏涼しく、冬暖かく

夏の強い日射しを遮り涼しい空間をつくり、冬は 積極的に日射しを取り込み部屋を暖める外付け ブラインド。日本古来の「よしず」「すだれ」にも 共通する、太陽光を外で遮る合理的な日除 けのしくみです。 私たちにとって最も身近でクリーンなエネルギー 太陽光と上手く付き合うことで四季を通じて 快適なエコライフを手に入れませんか。

太陽光を理解する

高い断熱・遮熱性能で、
エアコンに頼らない暮らしを実現

ヴァレーマ

環境先進国ドイツでは常識の外付けブラインド。
夏の暑い日本の気候風土にも最適です。

西日対策などの日除けは、外付けブラインドの発想

西日対策などの日除けは、外付けブラインドの発想

夏の強烈な日射しは室内ブラインドやカーテンで、遮っても、窓際で熱を発生し続けます。室内にこもる熱の解消はエアコンのみに頼ることになり非効率的です。この太陽光を窓の外側で遮る合理的な方法が「外付けブラインド」で、環境先進国のドイツでは既にスタンダード。窓の外に影を作り、夏涼しく過ごす日本古来の伝統的な日除け「よしず」「すだれ」にも共通する仕組みの外付けブラインドは、日本の気候風土にベストな日射対策です。

ご存知ですか。夏、エネルギーの約70%が窓から流入するという事実。
省エネ対策の基本は「窓の断熱」です。

「高断熱」「外張り断熱」といった「断熱」という言葉をよく見聞きします。乙れは、構造的に室内の温度が外気温に左右されにくい建物にする省エネ住宅に不可欠な考え方で、より少ないエネルギーで室温を快適に保つための工夫です。なかでも、建物の省エネ化を図るための最重要ポイントは「窓」。
直射日光で入る熱を夏は遮り、冬は取り込むととで、冷暖房費の大幅な節約につながります。

warema_003_004

窓からの日射エネルギーを約80%カット

冷房の消費電力を大幅に削減

外付けブラインド「ヴァレーマJは日射エネルギーの透過率が低く、約80%を窓の外で遮断します。窓とブラインド閑の空気が対流し熱が屋外に拡散するためです。これに対し、室内に取付けた日除けでは、窓と室内ブラインドやカーテンの間で暖まった空気で室温が上昇し遮熱効果は期待できません。

快適な省エネ

窓辺で暑さを感じ、冷房を強くすると部屋の奥が冷えすぎてしまう事がよくあります。窓からの熱編射が体感温度に大きく影響するため、室温が低くても暑く感じるのです。屋外で日射を遮ると窓の表面温度が下がり、熱輯射を抑え体感温度を下げることができます。快適さを感じながら省エネがむりなく実現できます。

warema_004_001

ヴァレーマ

住宅から公共施設まで多様な建築物で採用が増加。
工コ建材として、注目されています。

ヴァレーマ

「ヴァレーマ」の外付けブラインドは、日本でも住宅をはじめオフィスビル、学校・病院、商業施設など多くの建築物で採用されています。これからの省エネ住宅(パッシブデザイン)のあり方を定めた改正省エネ基準でも、外付けブラインドの有効性が明記されています。

次世代省エネ基準、改定基準とは

次世代省エネ基準とは、平成11年に改正された日本の断熱化基準の事です。外壁、窓などによる断熱性能を高め、建物全体を通して、エネルギー消費量を減らすことが定められています。
また、日本政府は2020年までに建物の断熱化を義務付け、今以上に厳しい断熱化基準を採用する予定です。

高層ビルのダブルスキンファサードでも活躍中

ヴァレーマ

最近の高層ビルや大型施設では、外壁を屋外・屋内2重のガラスで覆うダブルスキンファサードという建築システムを採用。「ヴァレーマ」の外付けブラインドは、ここでも活躍しています。常に温度や気流の激しい変化にさらされる、ガラスの中間層内で過酷な環境にもかかわらず確実に作動し、日射をコントロール。独自の自動制御システムで太陽の移動に伴いスラット角度を調整し、効率的な省エネを実現しています。

img_8

風の道をつくる

眺望と風の通り道に加え、
プライバシーもしっかり確保

外からの視線を遮りながらスムーズに自然換気

ヴァレーマ

気になる外からの視線は、室内をほんの少し暗くするだけで遮ることができます。外から室内が見えにくく、逆に室内からは外がよく見えます。スラット(羽根)の角度を変えても通風を遮ることがないので、プライパシーを確保しながら、屋外の心地よい自然の風を呼び込むことができます。
また、西日対策に最大の効果を発揮します。

ヴァレーマ

60・80・100mmのスラット幅で、開放感のある視界を実現

気になる外からの視線は、室内をほんの少し暗くするだけで遮ることができます。外から室内が見えにくく、逆に室内からは外がよく見えます。スラット(羽根)の角度を変えても通風を遮ることがないので、プライパシーを確保しながら、屋外の心地よい自然の風を呼び込むことができます。
また、西日対策に最大の効果を発揮します。

ヴァレーマ
ヴァレーマ

スラットの厚みは室内ブラインドの2倍以上、
強度と耐久性を確保

タフなアルミ合金製スラットを採用。厚さ0.45mmで一般的な室内ブラインドの2倍以上の厚みを実現。防腐食処理も施しているため、厳しい気象条件でも破損・劣化しにくく、風に対する安定性を確保しているのが特長です。1m²あたり約2.3~2.8kgと軽量のため、建物にも過度な負担をかけることなく、壁や梁に簡単に設置できます。

ヴァレーマ

デザイン性を高める

景観に溶け込み、
建物の外観美も高めるデザイン性

いろんな形の窓に対応し、建物外観をデザインアップ

ヴァレーマ

「ヴァレーマ」の外付けブラインドは、四角窓だけでなく、さまざまな形の窓にも柔軟に対応します。切妻屋根の建物などによく見られる傾斜のついた変形窓に対しても、傾斜角度(5°~52°)の範囲内なら設置が可能。大窓から小窓まで、建物に採用するすべての製品にコーディネートできるため、外観のデザイン性も向上し美しいファサードを演出します。

最大5mまでの大開口部にも設置可能で、
建築物の外観もすっきり

Inside

Inside

Outside

Outside

自然光を取り入れた開放的な空間づくりに欠かせない大きな窓。しかし開口部が大きいと温室効果により室温が上昇しすぎる欠点もあります。最大5mまでの大開口部に設置可能な外付けブラインド「ヴァレーマ」なら建築物のデザインを活かし、外観、ファサードもスッキリします。

スラット(羽根)は26色のカラーをご用意

ヴァレーマ

外付けブラインド「ヴァレーマ」のスラット(羽根)は豊富な26色のバリエーション。カバーパネル、ガイドレールなどの金属部分については約200色から指定できます。
建物の外壁、ファサードとの調和や、意匠面におけるアクセントとして自在にコーデイネート。戸建住宅をはじめ、さまざまな建築物を通じて街の美しい風景に貢献しています。

スラットカラー

スラットは26色の豊富なカラーバリエーションからお選び頂けます。※

img_3

※スラット幅によりカラーバリエーションは異なります。
※W8000はミラーフィニッシュタイプ(ダブルスキン用)、W8100は赤外線吸収タイプ、サーチャージ¥15,000(税別)/台

住宅からオフィスビルまで、日本でも幅広い建築分野で活躍中。

近年日本でも、外付けブラインドを活用した日除けシステムの必要性が高まっています。住宅に加え、大きな開口部を持つオフィス、学校、病院、幼稚園、介護施設などで日射による室温上昇を解決するため外付けブラインド「ヴァレーマ」の採用が増加。独自の制御システムとの組み合わせで、最大のエネ効果(断熱、遮熱による)を発揮しています。